時間帯やシーンに合わせたコーヒー豆の選び方

多くの銘柄やブレンドのあるコーヒー豆。

一日のうちコーヒーを飲む時間帯やシーンもさまざまですが、今回は香りや味わいによって、どんなときにどの豆がおすすめなのかを紹介します。

朝・昼・午後・夜…おすすめのコーヒー豆は?

時間帯によって、おいしく感じられるコーヒー豆の種類も変わってきます。

朝におすすめのコーヒー豆

朝に合うコーヒー豆の産地は、さわやかな酸味が特徴ブラジル・グァテマラ・コロンビアなど、ラテンアメリカの国々です。

ブラックやアメリカン派の人には、フレッシュな香りとほどよいコクが楽しめる浅めの焙煎(ライトロースト)が特におすすめ。

ランチタイムにおすすめのコーヒー豆

ランチタイムに味わいたいコーヒーは、マイルドでどんな食事にも合う「ブレンド」の豆が便利です。

コーヒー豆を扱うショップにはそれぞれ「オリジナルブレンド」「ハウスブレンド」といった、代表的なブレンドが用意されていることが多いもの。

毎日の基本のコーヒーとして買うなら、まずはオリジナルブレンドを試してみるのがいいかもしれません。

午後におすすめのコーヒー豆

「午後の仕事中、眠気を吹き飛ばしたい!」

「自宅で3時のスイーツと一緒にコーヒーでほっと一息入れたい」

そんなときにおすすめのコーヒー豆は、ビターでコクのある「深煎り(ダークロースト)」で。

深煎りでよく知られているのは「イタリアンロースト」「フレンチロースト」など。

濃厚なコクと深みのある味わいは、ミルクを入れても、そのままでスイーツともよく合います。

夜におすすめのコーヒー豆

夜にコーヒーを飲むときは、質の良い睡眠のためカフェインはできるだけ控えたいですね。

そんなときは「カフェインレス(ディカフェ)」のコーヒー豆なら安心。

「カフェインレスって香りがイマイチなのでは…?」と思うかもしれませんが、豆から淹れれば、カフェインレスでも通常のコーヒーに劣らない香り高いコーヒーが味わえますよ。

シーン別・おすすめのコーヒー豆

シチュエーションや目的によっても、合うコーヒーは変わってきます。

集中したいとき

コーヒーに含まれるカフェインには、脳内で眠気を誘発する「アデノシン」という物質の働きを抑制する効果があります。

頭をスッキリさせて仕事に取り組みたいときにコーヒーを飲むのは、科学的にも理にかなっているというわけですね。

そんなときのおすすめは「ミディアムロースト」のコーヒー豆。

香ばしさや苦味・酸味のバランスがよい味わいが仕事のお供にぴったりです。

リラックスしたいとき

家事や仕事が一段落して、ソファーでほっとひといき…。

そんなリラックスタイムには、大地や自然を感じさせるインドネシア産のコーヒー豆はいかがでしょうか。

スマトラ島で栽培されるコーヒー豆は「マンデリン」の銘柄で知られ、深みのある味わいはカフェオレにもよく合います。

おわりに

毎日の暮らしで、さまざまなシーンのお供になってくれる1杯のコーヒー。

今回は僕のおすすめや一般的な知識を紹介しましたが、もちろん、コーヒーの楽しみ方は自由!

その日の気分や好みで、いろいろなコーヒー豆を合わせてみて下さいね。