プロフィール

簡単に私のことを知ってもらいたく、プロフィールをまとめたので興味のある方はチェックしてみてください。

運営者『ノブ』のプロフィール

はじめまして。やっぱりコーヒーが好きを運営しているノブと申します。わたしは岡山に住んでいる37歳です。

勝手に珈琲は生活の一部、珈琲がない人生は考えられないと思い。珈琲でライフスタイルをデザインする【珈琲アーティスト】と名乗っています。笑

珈琲アーティストにな

まずはわたし、ノブについてお話します。

東京で数年間、商社勤務をしていたが、なにか新しいことに挑戦したいと考えるようになった。

そこで自分の想いを大切にしたいと思い、会社を退職し、地元岡山に帰ってきた。

岡山に帰ってから、たまたま飲食店の経営の話をいただき(2012)

これは面白いなと思い、始めてみた。

経営当初は、知らないことも多かったが、約10年間で経営に関することや、人との付き合い方、地域とのかかわり方を学べた。

飲食店経営は当初、売上もよくなかったが、逆にそのことが自分にとって、やりがいになった。

問題点をみつけて解決策を練ったり、いち早くLINEなどのSNS機能を取り入れたりなどして、経営は当初より軌道にのるようになった。

その中で、飲食だけでなく様々な事業についても挑戦、そして展開していきたいという想いが強くなっていった。

ふと今までを振り返ってみると、社会人になってから、毎日欠かさずコーヒーを飲んでいます。

朝の始まりに、コーヒーを1杯。
商談前の集中。ひとときの休憩。
当たり前のように、私の人生にはコーヒーがそばにありました。

そして、いつも、どのコーヒーが自分に合うのか探していました。
香り、苦味、コク深さなど、人それぞれ好みは違います。


コーヒーについてもっと勉強してみたい。そして、いつか、コーヒー専門店を出店してみたいと思うようになりました。

新たな出逢い

これから珈琲の事業を1から始めてみようかと考えたとき、あるき記事が目にとまった。

個人事業や中小企業などの後継者がなかなか見つからないという問題が増えてきているという記事だ。いわゆる事業承継問題だ。

わたしは、事業承継について興味を持った。

中でも、技術や魅力ある会社が廃業せざるを得ない状況だというのだ。少しでもこの状況を変えられたらと思った。

どういった事業承継があるのか探している中で、トーアコーヒー商会(okayama)が目にとまった。

また、岡山に帰ってきて、地元のものを全国に展開していきたいという想いも持つようにもなっていた。

そこで、50年以上の焙煎歴があるトーアコーヒー商会の中島さんと出会い、珈琲の知識や地域の人たちのとの強い信頼関係に惹かれ、この事業をつなげていきたいと思ったことがきっかけとなった。


コーヒー豆の厳選、焙煎、入れ方などの修行をみっちりと受け、この分野の知識や経験を積んだ。

珈琲アーティストにな

100人いれば美味しいコーヒーは100通り。自分好みの味を見つけたい。カフェインレスのものが欲しい。などお客様によって要望は様々です。


これらのご要望に常に前向きに、満足いただけるよう日々勉強し取り組んでいます。
思えば、今までの人生。

モノやサービスを提供する仕事に従事することが多くありました。どうすればお客様に喜んでいただけるか、といった目線を常に意識してきました。


この経験が、今までになかっ他サービス等にに活かせるのではないかと思っています。

トーアコーヒー商会のこだわりと今後への思い

事業承継を決めてから、コーヒーの焙煎方法や取引先とのかかわりについてしっかりと学ばせてもらった。

50年以上の焙煎技術を、きちんと継承し、品質を落とさないように繋げていきたいと思っている。

また、中島さんから受け継いだ技術だけでなく、地域とのつながりを大切にすることはもちろん、今よりもトーアコーヒー商会の良さを全国の人に知ってもらえるように事業の発展をしていきたい。

AIアプリやサブスクリプション、無人の店舗経営などサービスを展開し、新たなコーヒースタイルの提供をしていきたいと考えている。

トーアコーヒーを岡山発信のブランドとして確立させていき、地域経済への活性化にもつながればと思っている。

200

※注意書き

PS SNS系もしておりますので是非遊びにきてください。https://linktr.ee/coffee.fujii